過払い請求のメリット、デメリット

見た目も気にならない矯正

20代半ばで矯正を始めました。ご存知ですか?大和市 矯正歯科←ここから確認

 

 

学生時代、アメリカに留学していたのですが、アメリカでは歯並びが悪い=育ちが悪いとみなされるので、歯並びが悪い人はできるだけ早い段階で矯正する人が多いのです。私も歯並びが悪い箇所があり、歯の矯正に興味はあったのですが、一般的な矯正器具だと見た目が良くなく、笑ったり口を開けたりするのをためらってしまいそうだと思ったので、なかなか矯正するのを始められずにいました。ところが、ある日友人がインビザラインという透明のマウスピースを使う矯正を始めたのを知り、私もやってみることにしました。

 

インビザラインを装着しているとき、近距離だと口元がなんか違うなと気づく人もいましたが、透明なので普段マウスピースをつけて生活していても、ほとんど気づかれることはなく、見た目を気にしていた私にはぴったりでした。

 

あの矯正の金具嫌いな人は恐らく沢山いると思うので、もっともっとインビザラインが普及して口元美人が増えると良いのにと思います。